製菓の専門学校でパティシエを目指そう~職人までの近道~

writing

卒業後のサポートも万全

ステーショナリー

バリスタの学部を設けている調理の専門学校では、学生に嬉しい就職サポートシステムを設置しています。バリスタになるための知識や技術を学ぶ学校なのですが、講義や実習の内容、講師に以外にも力を入れているのです。短い期間で高いスキルを習得しても発揮する場所がないと水の泡となってしまうので、専門学校では就活にも徹底した取り組みを行なっているのです。1年を通して就職のサポートを行なっており、個人面談やガイダンス、ショップリサーチや説明会などの機会を設けています。さらに希望調査もしっかり行なっているので、自分が働きたいカフェでバリスタとして働けるのです。どのようなカフェで就職したのか気になる人は、専用のホームページやパンフレットで調べてみると良いでしょう。

調理の専門学校では、就職だけでなく独立するためのサポートも行っています。学生によって料理人やパティシエ、バリスタなど求めるスキルは異なりますが、自分のお店を持つことを夢としている学生は多く見受けられるのです。そのため卒業後はレストランやスイーツ店、カフェでも就職だけでなく、独立して開業するためのサポートを徹底して行なっているのです。しかし卒業後すぐに開業することは難い学生がほとんどのため、期限を設けず卒業生はいつでもサポートを受けることを可能としています。いつでもプロの講師が開業に向けた相談を受付ているので、長く安心して学べる専門学校となっているのです。